読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭水化物の食べ過ぎで早死にしてはいけません

炭水化物の食べ過ぎで早死にしてはいけません

 

こんなタイトルの本が出版されています。

何とも恐ろしい感じがします。

炭水化物を食べ過ぎると早死にするのか、そう思います。

 

早死にしたくなければ、炭水化物を食べる量を減らせばいいのですね。

 

炭水化物、タンパク質、脂質、これらが3大栄養素と呼ばれています。

その中で、なぜ炭水化物が早死にと関係あるのでしょうか。

炭水化物というと、すぐに思いつくのが

ごはん、パン、うどん、そば、パスタ、ピザなどです。

芋類もそうです。かぼちゃやレンコンも含まれるでしょうか。

いわゆる主食という食品です。

なぜ、炭水化物がと調べてみました。

 

炭水化物は食物繊維糖質からなります。

糖質だけが、血糖値を上昇させることがわかりました。

 

どうも血糖値と関係があるようです。

年1回の健康診断で血液検査を受けます。

その検査結果の一つに血糖値があります。

 

血糖値をあまり上げるといけない、ここにポイントがあるようです。

食事を摂るたびに血糖値が上昇します。

食後時間が過ぎれば、血糖値は下がります。

 

次の食事を摂ります。また血糖値が上がります。

 

このようにして、1日の内に何回も血糖値は上昇、降下を繰り返します。

上昇、降下の振り幅が広いほど、

血管を傷つける割合が大きいということです。

 

血管を傷つけると、動脈硬化から心筋梗塞へと進む確率が高くなります。

従って、糖質の摂取量を低く抑えることで、

言葉を変えれば、炭水化物を食べ過ぎないことが

健康を守る近道ということになります。

早死にではなく、長生きの秘訣と言えるでしょうか。